2019/01/28

ツインソウルってなに?ソウルメイトとどう違う?前世と輪廻転生からツインソウルを解説

ツインソウルは一つの魂が割れて二つの人格になったものだ。二人で一つの魂ということさ。双子の魂版という感じだな。

ソウルメイトと同様、ツインソウルは自分にとって最高のパートナーになる。

ツインソウルと前世

ツインソウルの二人はもともと前世で一人だった。一人の人格が生死を通して、二つの人格に分裂した…というわけだな。

どうして分裂したんだろう?

それは人間の細胞がいつも分裂していることと関係しているぞ。細胞ってわかるか? 細胞が集まって心臓とか脳とかを作っているわけだが、その細胞はいつも分裂の準備をしている。

どうして分裂するかっていうとだな、分裂すると新しい細胞が二つできるからだ。もとの細胞は消えるが、新しい細胞が二つできる。そうやって動物の生命は続くんだ。

これを魂の話に持ちこむと、死んで、次の命をもらうために分裂するというのは、魂が支えている、もっと偉大ななにかを守るために必要ということだな。

魂を細胞のように考えてほしい。細胞は分裂して次の命を作るわけだが、魂も次の命を作るために分裂するということだ。

つまりツインソウルは魂が生死を超えて維持していくために必要なシステムということさ。

ツインソウルの特徴

ソウルメイトもツインソウルも同じ。見た目が似ていて、家族構成が似ている。相性が良くて、感性が似ている。

だが、ツインソウルはソウルメイト以上に決定的な特徴を持っているぞ。

ツインソウルは生年月日が同じということ。生まれの時間もほとんど同じでないといけない。一日でもずれていたら、その人はツインソウルといえない。

自分のツインソウルは日本にいるとは限らない。それこそ人間かどうかもわからない。もし輪廻転生という考えを認めるなら、動物だってツインソウルになりうる。

こんな人はツインソウルと言えなくもない。

  • 顔のつくりが似ている
  • 家族構成が似ている
  • 相性がいい
  • 感性が近い
  • 血液型が同じ
  • 生年月日が一致

© Pocochip